見習い羊飼いメイの海外放浪記

自分の羊牧場を作るために、羊を追って海外に飛び出したメイのブログです。

やっぱりな!!牧場あるあるだよ!!

もう驚かないし焦らない。

Wi-Fiが使えませんでした!!

 

まあ、私の部屋では使えないってだけなので、ちょっと歩けば使えるところもあるので、前の牧場よりかはマシなんですけどね。

(ネット自体が使えなかった牧場経験済み)

 

なのでこの日記は、私のSimカードのネットを使っております。

通信量たかーい。

20Gで11000円くらい。

大事に使わなきゃなので、画像は貼れません…。

色々撮ったので、また今度貼りますね。

 

現在お世話になっている牧場さんは、乳用羊農家さんです。

毎日羊の乳搾りをしてますよ。

牛との違いが面白いです。

写真があった方がわかりやすいだろうから、詳しくは後日にアップします。

 

あと、心配していた言語の違いですが、意外といけるもんだなと実感しています。

英語を話してくれるボスとはコミュニケーション取れても、他の人はスイスの言葉なので、なかなか話せず、ちょっと諦めモードだったんですけど、意外となんとかなりました。

ボディランゲージって偉大です。

皆さん気のいい兄ちゃん達なので、質問すると、なんとかわからせようと、あの手この手で説明してくれます。

特に、ワンピースのサンジくん似の兄ちゃんが、よく面倒を見てくれてます。

文字を書いてみたり、物を見せてみたりして、必死に伝えようとしてくれるから嬉しい。

ただ、頑なにスイス語ですが。

事あるごとに、スイスの言葉を教えてくれるので、何個か憶えて帰ろうと思います。

 

それではまた(・∀・)ノシ

羊を追って、今度はスイス!

スイスの羊牧場で、住み込み実習ができるということで、今日からスイスに行ってきます!

チーズを作っているそうで、そちらも勉強させていただけるとか。

もう楽しみで仕方ありません!

自分の羊牧場に取り入れられるかどうかも見極めていかないとですね。

 

明日からはスイスの事などの記事が増えるかな?

ネット環境があればですけれど( ˘ω˘ )

以前お世話になった牧場さんは、山に囲まれてて、電波がなく、ネットもダイヤル回線というレトロっぷりで、ネットを繋げることが出来なかった事例もあるので、ちょっと心配…。

ネットがなければ、ブログは当分おやすみですね(・ω・`)

 

それではまた!(=゚ω゚)ノシ

 

 

ワーホリに合う人合わない人。

f:id:hituji-me-me:20190324233004j:plain

コテスロービーチ


今日のパースはいい天気。大体いつもいい天気。メイです。

ニュージーランドのワーホリを終えて、今はオーストラリアのパースに住んでいます。何の記事を書こうかなと、アルバムを見返していたのですが、ニュージーランドのワーホリを終えて思ったことがあるので、今回はそれを書きたいと思います。

 

皆さんはワーホリを楽しめる人ってどんな人だと思いますか?

私はニュージーランドに1年と3ヶ月程(ワーホリビザを延長して滞在できる最長期間)滞在しました。

このワーホリ期間内で、たくさんの人に出会ったのですが、ワーホリを本当にエンジョイしている人もいれば、そうでもない人もいました。

エンジョイしている人は、本当に楽しそうに毎日を過ごしているのですが、楽しめていない人たちは、家に引きこもったり、さっさと帰国してしまったり…。

私の出会った人たちは、エンジョイ組50:非エンジョイ組50の半々だったんです。

意外とワーホリに来て、楽しめず帰ってしまう人っているんですよ。

そんな人達を思い出して、暇人のメイは色々考察していたわけですが、ワーホリに合う人の特徴が見えてきました。

 

ワーホリエンジョイ組の特徴をざらっと書き出してみたのがこちら

  • お酒大好き飲み会大好き
  • おしゃべり大好き
  • 男女関係なく仲良くなれる
  • 度胸がある
  • 小さいことを気にしない
  • 多少汚い物も我慢できる
  • 一芸持ってる
  • イベント好き
  • 旅好き
  • ワーホリの目的がある

 

こんな感じですね。

これらが半分以上当てはまれば、エンジョイ組の仲間入りです。

きっとワーホリを楽しめることでしょう。

 

上の項目についてざっと説明していきます。

まず、海外(ニュージーランド&オーストラリア)の生活は、みんなでワイワイ飲み会するのが一般的な娯楽なのです。

週末や、仕事の休みの日は、友人と飲んだり、BARで友達を作ったりします。

それができると、こちらの生活に馴染めます。

ちなみに私は出来ませんでした。←ここ重要

私コミュ障でした。←ここ重要

 

次に、“小さい事を気にしない”ですが、これは完璧に文化の違いかなと思っています。

時間を守らない人が多かったり、お仕事の向き合い方一つでも、かなり日本とのギャップを感じることがありました。

それらをまあいいかと流したり、自分がそちら側に寄れるようなら、おそらく大丈夫です。

私はそれが出来ずにイライラしてました。←ここ重要

 

“多少汚い物も我慢できる”は、ホテルや公衆トイレ、人の家など、日常的に必要なスキルになります。

ワーホリだと、ホテルは安く抑えたいので、バックパッカーズホテルというトイレシャワー共同・部屋は他人と一緒のホテルに泊まることが多いです。

バックパッカーズホテルは、ピンからキリまでありますが、汚いところも多く、シャワーを使えない日本人もたまにいました。

バックパッカーズホテルのネタはそこそこあるので、詳しくは後々。

また、車中泊をして旅をする人たちもいます。

数日シャワーを浴びないことも…。

あと、有名なのは、食器を洗剤で洗ってゆすがない問題。

これは本当です。

人にもよりますが、濯がない家庭が多く、それがきついという日本人は結構います。

食器を濯がない理由としては、水の価格が高いからだそうです。

こちらの人たちは、石鹸水でじゃかじゃか洗ってそのまま拭いて食器棚に戻します。

それが大丈夫なら、海外で外人と一緒に住むことができるでしょう。

私は本当に無理です。←ここ重要

 

とまあ、ここまで読んでいただけたならお分かりでしょうが、私は大体無理でした。

でも自称エンジョイ組です。

エンジョイできなかったら1年以上滞在なんてしませんからね。

私がワーホリを楽しめたのは、偏に“明確なワーホリの目的があった”からです。

そういう強い動機があれば、私みたいなコミュ障非リア充でも、ワーホリは楽しめるんじゃないかと思っています。

今回あげた特徴は、あくまで私の見解なので、そんなもんなのかなー程度に読んでもらえたら嬉しいです。

 

それではまた次の記事で(´∀`=)

 ぺこり

羊のこととか、海外のこととか、そんなものをチョロチョロ書いていくと決意。

初めまして、メイです。

羊を追いかけて、あっちへこっちへしているうちに、海外に出てしまいました。

ニュージーランドのワーホリを終えて、今はオーストラリアでギリホリ中です。

このブログは、羊のことや、面白かったもの、ワーホリで知っておくと便利な情報を、小出しに紹介していくブログになるのかなと思います。

時系列は、多分バラバラです。

気ままに思い出したことを書いていくので、ご勘弁を!

自分の羊牧場を作るまでの記録をここにためていければいいなと思っています。

羊牧場が完成したら…ブログの名前が変わるかもしれませんね。

“見習い羊飼い”から“羊飼い”になれるよう、頑張らねば!

 

f:id:hituji-me-me:20190324214538j:plain

ニュージーランドの羊の海

今日はこの辺で。

ブログ初心者なので、何かと手探り状態です。

どうぞよろしくお願いします。

ぺこり